• 愛知県 名古屋市
    検定試験の合格率は、結構変動するようですね
    漢字検定準一級の場合・・・
    2018年度 一回目 6.3%
    2018年度 二回目 7.7%
    2018年度 三回目 21.7%
    日本漢字能力検定HPより



    漢字検定準一級の受験日(10月20日)が近づいてきて
    ちょっと気になって調べてみたのですが、6.3%・・・・・



    漢字検定二級合格するのに三回もかかっていますし
    それも、約20年ほど前のこと。
    いつか自信がついたら準一級を受験しようと思っていましたが
    何年たってもいつかはこない・・・
    もう勉強するためには申し込むしかないと、二ヶ月前に受験申込しました。
    難しいとは思っていましたが、本当に難しい・・・




    申込したくらいの時に、大阪に行く機会があり『住吉大社』さんへ伺いました。
    五所御前という場所で、<五><大><力>と書かれた石を拾い御守にすると
    願い事が叶うという信仰があるとのことなので、
    「漢字検定準一級を受験いたします。頑張りますので見守ってください。」と願い事をして
    石を探し、いただいた専用のお守り袋に入れて御守にいたしました。



    私がいただいた<五><大><力>


    <五><大><力>の御守にふさわしい香りを調合したお香を和紙で包み、
    和紙の上に御守を置いています。
    <香りのお守り>にいたしました。

    勉強はじめる前。
    <香りのお守り>の缶をあけて御守を拝見して、香りを聞きます。
    勉強モードへ、すっと入ることができます。


    住吉大社さんでは、
    近所の小石に自身で感謝の気持ちを込めて<五><大><力>と書いたものを用意し、
    五所御前で拾った石と共に倍返しにしてお返しすることが、願い事が叶った時の作法だそうです。

    検定日まで残り少なくなって焦りもしますが、
    諦めずにやれるだけやってみるしかないです。
    合格して、住吉大社さんに伺うという目標もありますので。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です