• 愛知県 名古屋市
    <お香>というと
    敷居が高い、難しそう、特殊な世界、などなど。敬遠されがちなのですが
    ・お香の香りが好きな方
    ・疲れを癒すのに、お香っていいのかな?と思っている方
    ・アロマが好きだけど、和の香りにも興味がでてきたという方
    ・自分でお香をつくってみたいという方
    ・・・・・・・・
    色々な理由で「お香」に興味を持たれた方に
    <楽しく><お気軽に>お香の世界に親しんでいただきたい。
    講座を受けた後には、
    今までより<深く>お香を楽しめるようになっていただきたい。


    そんな思いから企画した
    <香りの和文化講座>はお香初心者さんのための講座

    毎日文化センターさんで、3回講座(4〜6月)で開催させていただきました。

    3回講座で作っていただいたのは、常温で使うお香
    ・「匂い袋」・・・一種類(匂い袋2つ分)
    ・「塗香(ずこう)」(身体に直接塗って使うお香)・・・二種類
     「塗香」のうち一種類は<お清めの塗香>。
     (仏教にゆかりのある<清めのお香>、はじめての方に聞いていただきたい香りです。
      お香は<仏教>とともに入ってきたものなので。)



    お香の世界では、香りを<嗅ぐ>ではなく<聞く>という表現をします。
    ・お香(香原料)、それぞれの香り。
    ・お香(香原料)を混ぜると変化する香り。
    香りを<聞く>ことを大切にしながら、お香(香原料)を混ぜて香りをつくっていただきました。


    お香の中でも、特に重要な
    ・<沈香(じんこう)>
    ・<白檀(びゃくだん)>
    については、多くの種類を聞いていただく時間もとりました。



    講座を受けてくださった方に
    「お香づくりは初めてだったけれど、楽しかったです」
    「お香をバッグに入れて、気分をかえたい時に使っています」
    など、嬉しいお言葉いただきありがたかったです。




    同じ内容の三回講座を、(10〜12月)でさせていただきます。
    募集はまだ先ですが、
    ご興味ある方は<お問合せ>くださいませ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です