• 愛知県 名古屋市
    「古今東西。一国の最高権力者が、一番夢中になった遊びは何だと思う?
    ・・・<学ぶこと>こそが一番贅沢な遊びだったんだよ。もちろん、例外はあるけど。」
    高校時代に先生から聞いた話で、その時は「へ〜。そうなんや〜。」くらいの関心しか持っていませんでしたが。大人になってみると、いいことを教えていただいたなと感謝しております。


    大人になってから興味があることを学ぶことは<王様のあそび>


    <王様のあそび>としての読書をしていて、知ったこと。
    平安時代、<あそび>とは貴族が<プライベートな時間をなるべく愉快にすごす>ためにすること。
    <音楽+詩歌+酒=あそび>。芸術も娯楽もあまり区別がなく、いっしょになったのがあそび。
    他にも「あそびわざ」と呼ばれる蹴鞠などもあそび。
    (※『古文の読解』(小西甚一著))


    日本の文化に興味のある方はもちろん
    プライベートな時間を愉快にすごしたいという方、
    リラックスした状態になりたい方、
    <王様のあそび>として、<和文化>を楽しんでみませんか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です