日本茶を淹れる時に使う<湯冷まし>とは、

お湯の温度を下げるための茶器です。

お湯を冷ますことを<湯冷ましする>といいます。

 

 

持ち手のないタイプ

p1100271

 

 

 

 

 

 

持ち手のあるタイプ

p1100273

 

 

 

 

 

 

日本茶を淹れる時に、ポイントとなることの一つが

・お湯の温度

この温度を下げるための茶器が<湯ざまし>です。

 

 

日本の湯冷ましにこだわらず

中国の急須でもいいですし

p1100278

 

 

 

 

 

 

紅茶用でもいいです

p1100276

 

 

 

 

 

 

 

 

注ぎ口があるほうが、お湯を移しかえる時に便利ですし

見ていて楽しくなるので私は色々集めてしまいましたが。

湯冷ましでなくても大丈夫です。

マグカップでも

どんぶりでも

なんでも使えます。

移し替えることで、温度を下げることが目的なので。

 

 

日本茶を淹れる時に

<お湯の温度>により味わいが変わってきますよ。

(番茶・ほうじ茶の場合は、熱湯を使います)

 

①甘くしたい時はぬるく。

渋くしたい時は熱く。

 

②お湯を移しかえるごとに、

7〜10度くらいづつ温度が下がること。

(条件(室温や器の大きさや薄さなど)により変わってきますが)

 

➂移し替えるのは

器を持っている手がお湯の熱さを感じてから

(すぐに移しかえると、まだ温度が下がっていないため)

 

 

 

 

 

渋いお茶が好き!という方にも

湯冷ましをしてみて、味の違いを感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA