• 五感で愉しむ和文化のすすめ
    私は子ども時代、カッターで鉛筆を削ることに凝っていたことがあります。
    (小学校で、先生が教えてくださったので)
    娘にもできるようになってほしいなと教えたのは、娘が小学校が1・2年生の時。
    初めて教えた時は、「できない!」と泣いて泣いて・・・
    まだ早かったか〜と思ったのですが。やらないかと思いきや
    「やってみたい」と言ってくる時もあるので、何度か教えてきました。
    「ママと同じならない!」「これじゃ下手くそだ!」と泣いたり騒いだりしながらも
    娘の集中する姿を見るのは、なかなかいいものでした。
     

     

     

    手で削るタイプの鉛筆削りは購入したので(電動タイプは数年ねだられましたが購入しませんでしたが)
    娘はその日の気分により、鉛筆削りを使ったり自分でカッターで削ったり、「ママが削って!」とお願いしてきたり。
    (だいたいは鉛筆削りを使っているようですが)
     

     

     

     

    最近ふとみると、
     

     

    p1100080
     

     

    なかなか上手!
    とっても上手!!
    親ばかだと思いますが、嬉しい♪
    小学1・2年生だったころと比べて、成長したね!5年生になった娘よ。
    たまにであっても、続けてやってきた成果だね。
     

     

     

     

    鉛筆削りという便利なものがあるけれど
    カッターで鉛筆を削るというのも、なかなかいいものだと思います。
    子どもにとって
    ・力を調整することの、練習にもなります。
    ・うまくいかない時にどうしたらうまくできるようになるのか、考える練習にもなります。

    ・刃物の危険性も感じるし、扱いに慣れてくる。

    ・集中することで、気分転換にもなります。

    ・自分がイメージする形に削ることができるというのは、楽しいものですし自信にもなります。

     

     

    調べてみたら
    「全国鉛筆削り大会」という大会があるそうです。
    達人がいるのですね〜!

     

     

     

    細く長く・・・たまには、私も娘と一緒に練習していこうと思います。
    娘の鉛筆をみていると、バランスがイマイチな時も・・・
    安定して削れるようになるには、まだ練習が必要なようなので。
     

     

     

     

     現代において、「簡単」でないことは切り捨てられがちですね。

    けれども、

    「手を使うこと」「手をかけること」の愉しみを、味わえるようになってほしいなと思います。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA