• 五感で愉しむ和文化のすすめ

     

    味噌・干し柿・梅酒・いくら・ジャム・・・などなど。季節ごとのお愉しみ。
    家事といえば家事ですが、趣味といえば趣味。
    「趣味家事」の時間が好きです。
    自分好みの味が作れるのですから、張り切ってしまいます♪
    簡単ですぐ食べられるものもありますが。
    普段の家事にはないちょっとした手間がかかったり、作ってすぐに食べられない
    ものがあったり。そんな手間や、待つ時間も含めて気に入っています。
     

     

    「趣味家事」の時間は、<癒しの時間>であると同時に
    <心の筋力をつける時間>でもあります。
    ちょっと面倒くさい〜と思ってしまうところを、乗り越える力をつけるためのレッスン。

    面倒くさがりの私よりも、食いしん坊の私が勝つ瞬間。

     

     

    最近の「趣味家事」の日。材料は「ざくろ」と「ゆず」。
    ざくろは包丁で割ってから水でほぐし、まだ赤くならない実と赤い実を分けて、
    蜂蜜漬け。
    ゆずは輪切りにして蜂蜜づけ。千切りにして蜂蜜ゆずジャム。ミキサーにかけてピューレ(蜂蜜&和三盆)。
    種は醤油に漬けてみました。
     

     

     

    掃除や日々の食事と違い
    趣味家事はしなくても困る人がいないので、やらなくても何も言われません。
    そして。季節ものであれば、うっかりすると店頭から食材が消えてしまいます。
     

     

     

    梅酒が好きなのに、ここ2・3年は作りそびれています。
    昔の日本人の女性であれば、季節ごとのものをきちんきちんと作れていたのかなと思うと
    色々作りそびれてしまうことに罪悪感があります。
    「家事が趣味」という方たちへの憧れはありますが、まだまだその境地には辿り着けそうにないです。
     

     

    それでもいいかなと。私は私。
    「趣味家事」として、愉しめる範囲で愉しむのも悪くはないかなと思っています。
     

     

    趣味家事のご褒美〜
    ・美しい色
    ・幸せになれる香り
    ・幸せになれる味

     

     

     

    たくさんできて幸せ♪

    p1100033

     

     

     

     

     

     

    ハート型のゆずの種、発見できて幸せ♪

    p1100024


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA